2007年09月07日

直江津集合!を振り返る。

 直江津集合!から2週間経っちゃいました。あれからなんだかんだと沈没したまんまのTETでございます。(TεT;)
 やっぱり仕事復帰と同時に職場が変わったってのが大きいのですが、なんだかバタバタしちゃってねぇ・・・。

 直江津集合!はTETにとって怪我からの完全復活宣言というけじめのイベントだったので、これについてのエントリーはその1〜その6くらいの超大作にするつもりでした。
 でもそんなこんなで時間が取れなくてやっつけでアップしちゃったんですよね。そうでもしなくちゃ未だに書きあがってなかったと思います。

 ってことで書きたかったけどカットしたこと、書き忘れたことなどを備忘録的に書いておきます。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 ルート選択

 気合入れてたイベントの割には事前の計画はいい加減です。(^^;
 っていうか、最後までなかなかルートを決められなかったんですね。

 国道最高標高だっていう渋峠を走りたいって気持ちは強かったのですが、怪我から復活したばかりってところなんだしもっと堅実なルート選択をするべきなんじゃないかと・・・。
 あとは太平洋タッチをどうするかも悩みましたね。相模川河口まで20km近いです。往復で40kmの無駄走りを省略してもいいんじゃないかと・・・。
 伊豆半島コンプリートである程度の自信はつけていたんですけどね・・・。

 結局太平洋タッチ付き渋峠経由という決断を下したのは前日のこと。
 その他は最短ルートってことで決定です。あれこれ考えるのがめんどくさくなっちゃって・・・。(^^;

 計算上340kmってところですね。これを24時間で走れるんじゃないかと・・・。
 19時に直江津集合!ってことですがやっぱり明るいうちに着きたいので17時、マージン取って16時出発で決定です。
 実際に出発できたのは17時近くでした。(^^;

 荷物

 キャリアとか巨大サドルバッグとか検討したんですけどね、背中に背負って走るのがTETスタイルですよ。(^^;
 いつものドイターに荷物を放り込みます。

 伊豆半島コンプリートのときはサドルバッグが股に擦れるのが気になっちゃったんですよ。ってことで今回サドルバッグなしです。
 そうとなると工具とか換えチューブはツール缶に入れてボトルケージなんですけど、今回は輪行袋持ってかなくちゃならないですからねぇ。これも背負います。
 そしてその輪行袋ですが、やっぱりダブルボトルにしたいなってことでこれもバッグに入れちゃいます。
 伊豆半島ではダブルボトルでも空になっちゃった上で自販機も見つからず苦しい想いをしたので非常用にポカリスエットのペットボトルを1本忍ばせておきましょう。
 予備の乾電池も必要ですねぇ。

 ウインドブレーカーだの、アームウォーマーだのタオルだのバッグに放り込んでたらバッグの重量が4.6kgになっちゃいました。Σ (゚Д゚;)

 結局相模川河口の時点で輪行袋とポカリのボトルは外に出ることになったんですけど・・・。(^^;

 塩分

 基本的にポカリとかアクエリアスとかは好きじゃないです。こういう時は仕方なく飲んでますけど。
 ポカリに飽きてボトルに水を入れた時用に塩を持って行きました。
 塩タブ探したんですが見つからず。奥さんがミネラルたっぷりの岩塩を奮発してくれました。v(^o^)v

 家で「手のひらにこのくらい出したら1g」を練習しといたのですが、走行中はグローブしていてるので手のひら使えませんね。(TεT;)

 地図

 一応キューシートは作りましたが、地図はコンビニでライトマップルを買えばいいかと・・・。キューシートって言ってもmapfanでルート検索しただけですけど。
 埼玉県版だけは3冊手元にあったので持って行きます。埼玉で迷子になるたびにコンビニで買いました。(^^;

 途中で関東版ってのを買って「これでOK」って思ったのですが、これだと情報が少なすぎて現在地の把握が出来ません。どこを走ればいいかはわかるのですが、自分がどこにいるのかわからないんです。(TεT;)
 結局長野県版を買い足しました。(^^;

 ライト

 伊豆半島コンプリートのときは照明用にEL-500、EL-510、点滅専用EL-120と3灯でしたが、今回はEL-520を追加。EL-120と換えて超強力3灯体制でした。これだけあると街灯のないところでもある程度は走れますね。
 今回は明るくなってからの山道でしたから、ここまでしなくても良かったかも知れません。
 計算上必要ないのですが、予備として単3アルカリ電池を12本持って行ったTETは馬鹿者です。(^^;

体調

 正直なところあんまり調子よくはなかったですね。走り始めは気が重くて平地30kmがキープできません。太平洋タッチは止めちゃおうかとか考えながらのスタートでした。
 埼玉県に入って3Kさんに会うまでそんな感じでした。

 その後は膝ですね。痛いってことはないのですがなんとなく重たい感じで・・・。
 おそらくボトルケージの輪行袋が悪かったんじゃないかと・・・。
 これが微妙に脚に当たるのですが、それを嫌がって無意識にガニマタ気味になっていたんじゃないかと分析しています。
 ま、どちらもたいしたことはなくってよかったですが・・・。

 須賀尾峠

 実は今回のルートで1番苦しんだのがR406からR145にぶつかる直前の須賀尾峠でした。ここで売り切れちゃったために大津から草津まで全然動けませんでしたね。・゚・(ノД`)・゚・
 帰ってからalpslabで確認してみたら1000mオーバーでした。
 1000mまで上るのはどうせ渋峠で2000m超えるんだからいいんですけど、須賀尾峠からR145にぶつかるまで400m下りますからね。無駄な上りです。orz
 ルート設定するときにはちゃんと高低差を考えなくっちゃですねぇ。(TεT;)

 宿・食事

 健康センターのレンタルルームを予約していたので寝場所は確保されていたのですが、直江津駅からはちょっと離れた場所でした。
 ホントは健康センターに行く前に新潟の美味い魚と旨い酒を堪能したかったのですが、20人と20台の行き場所を探すことがめんどくさくなっちゃって健康センターに直行です。
 結局せっかく新潟まで行ったのに健康センターの軽食コーナーで宴会でした。orz

 宴会部長の職責を果たすことが出来なかったことを後悔するとともに反省しています。<(_ _)>

 骨盤骨折仲間

 4月5月と骨盤骨折で入院していたTETですが、同じ時期に荒川のテツさんも骨盤骨折で入院してました。
 病院のベッドで動けなかったときにどれだけチカラをもらったことか。
 テツさんと日本海に沈む夕陽をバックに握手できました。ちょっと泣きました。

 潮こんぶさんや、他にも怪我から立ち直って元気にやってる人がいます。
 TETが復活して日本海まで走れたってことが、今現在怪我で苦しんでる人にちょっとでもチカラを分けてあげられたらと思います。

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 かなり手抜きで書いた本編ですが、多くの方からコメントを頂きました。
 でもせっかくコメントいただいたのに全然レスを返すことが出来ていません。この場でお詫びするとともにお礼とさせていただきます。<(_ _)>
 一緒に走ったみんなのblogにもコメントできてないんだよな・・・。(TεT;)

 本当に申し訳ないっす。<(_ _)>


この記事へのコメント
こちらこそ♪
あの握手は復活の儀式だったんですよ きっと。。。

>新潟の美味い魚と旨い酒を堪能したかった
次回(笑 の最重要課題かもしれません ^^
Posted by テツ at 2007年09月07日 12:44
TETさんお疲れ様でした。
いやーテツさんもですが、大復活おめでとうございます。 なにしろあの事故の後ですし、直江津前の伊豆一周の方が、相当堪えたのではないかと思っております。 そりゃー涙も流れますよー感動っす。
その場に居なくて残念でしたが、とにかく大復活っす!!!
Posted by ikeda at 2007年09月07日 20:11
>テツさん
 お互い「完治」のお墨付きまではまだまだですけどね。
 復活!ってことでがんばりましょう。

>ikedaさん
 感動でした。
 伊豆の方がキツかったのはキツかったですが、直江津の方が感動でしたね。

 ありがとうございます。
Posted by TET at 2007年09月07日 20:50
こうやって舞台裏というかMaking of NAOETSUを読むと、
改めてTETさんらしいし、ひと言、おめでとうだね。
力になったよ、サンクス

あのさ、背負いすぎ(笑)
Posted by masa at 2007年09月07日 21:49
僕も去年の伊豆より今年の直江津のほうが感動的だったかもしれません。あの夕陽はできすぎでしたものね。TETさんの場合骨盤骨折からの復活だっただけにその感動は大変なものだったでしょうね。

来年はきちんと宿をとってうまい魚と酒を飲み食いしながら打ち上げしましょう!
Posted by yuzito at 2007年09月07日 23:14
ワタシもヌルいポカリやアクエリを飲むのはつらい(キライ)です。
で前回の熱中症の反省から、今回はボトルに塩を入れてみました。
600mlに0.5g1粒ね。これぐらいだとほとんどわかりません。 硬水のコントレックスのほうがしょっぱいぐらいです。
600mlに2粒。これだとちょっとしょっぱい。でも、甘くないのでヌルくても飲めた。
これもありかな。

背中に荷物はワタシの場合はぜんぜんダメ。
あっと言う間に腰が痛くなっちゃう。
ってこともあって、ゆうパック使わせてもらいました。(笑

地図は縮尺デカ過ぎて...。
これは課題ですね。

で、みなさんのblogへのコメントは、だいぶ残っちゃいました。m(_ _)m

ちゃんとチェック&アクションできてるTETさんは偉い!
Posted by ふぉあぁ at 2007年09月08日 04:49
>masa兄
 メイキングだね。これ前提で本編書いたらもっとすっきりまとめられるかな?

 4.6kgはさすがにキツかった。(^^;

>yuzitoさん
 TETが船見公園に到着したときにはすでに丸い太陽は見えませんでした。
 半円よりもさらに細くなってたかな?

 来年は美味い魚を食いましょう。v(^o^)v

>ふぉあぁさん
 宿をきちんと押さえて輪行袋とか帰りの荷物は送っちゃう。正しい大人の選択ですねぇ。v(^o^)v

 えっと、過去はリセットってことで・・・。Σ( ̄ロ ̄|||
Posted by TET at 2007年09月08日 16:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。